コーギーの変性性脊髄症(DM)は、遺伝子検査で診断できる!|最新研究からDMを知る

飼う前に

変性性脊髄症(DM)って、どんな病気なの?

最新の研究では、DMについてどういうことを調べてるの?

DMって、どこまで予防できるの?

コーギーはDMにかかりやすいので、このような疑問を持つと思います。

 

こむぎパパは西東京に住んでいて、コーギーのこむぎを飼っています。

恥ずかしながら、DMについては、コーギーを飼い始めてから知りました。

 

この記事では、次の3点のポイントを解説します。

変性性脊髄症(DM)とは?

岐阜大学病院のDMの予防に関する研究

アニコム社による、コーギーのDMに関する取り組み

スポンサーリンク

コーギーに多い病気、変性性脊髄症(DM)とは?

DMとは、神経症の一種で、3年ほど後に死に至ってしまう病気です。

変性性脊髄症(DM)は、後ろ足に運動失調が起きてうまく動かせなくなることから始まる。3年かけて進行し、麻痺が全身に広がって亡くなる神経の病気。

コーギー版 家庭犬の医学 110p
こむぎ
こむぎ

恐ろしい病気だわん。。

 

こちらの記事で、動画付きで紹介されています。

ウェルシュ・コーギーの変性性脊髄症 Degenerative Myelopathy(DM)in Welsh Corgi | 診断・治療  | 岐阜大学動物病院 神経科(犬・猫)
ウェルシュ・コーギーの変性性脊髄症(DM)に関する症状、原因、診断、治療
こむぎ
こむぎ

だんだん歩けなくなって、最後に亡くなってしまうのね。。

DMの予防に関する研究

2009年2月に発表された論文にて、SOD1遺伝子の突然変異がDMの原因である可能性が高いと発表されました。

こむぎ
こむぎ

簡単に言うと、DMは遺伝性の病気ってことね!

 

岐阜大学では、この突然変異のSOD1遺伝子を保有しているにもかかわらず、DMを発症する犬と発症しない犬の違いを研究しています。

詳細は、こちらのリンクから確認できます。

こむぎパパ
こむぎパパ

DMが発症しやすい遺伝子を持っていたとしても、

DMが発症しないケースもあるのだな。。

ペット保険のアニコムによる、コーギーのDM予防に関する取り組み

DMにかかりにくいコーギーを増やす取り組み

ペット保険のアニコムは、DMの発症を少なくするために、DMについてクリアなコーギーを増やす取り組みを始めています。

繁殖の専門家と協力して、特定の遺伝子検査結果がクリアな子犬・子猫を増やす取り組みをスタートしています。

たとえば、SOD1遺伝子の変異がないクリアなお父さん犬、お母さん犬の間には、同じくクリアな子犬しか産まれず、将来DMを発症するリスクを低く抑えることができるのです。

どの遺伝子がどの病気に関与しているのかを突き止め、その特定の遺伝子を事前に調べることで、新しい家族を探している人のもとへ、クリアな子犬や子猫を確実に届けたい。

今のところ治療も予防もできない、DMのような遺伝病に苦しむどうぶつさんを少しでも減らすには、たとえ時間がかかっても、これが唯一で最善の策だと、アニコムは考えています。

「クリアなコーギー」って何??
こむぎ
こむぎ

簡単に言うと、DMは遺伝性だから、DMにかかりにく親同士を交配して、
DMにかかりにくい子供を増やしてるのね!

DMにかかりやすいコーギーかどうか、遺伝子検査で確認する

また、SOD1遺伝子が変異しているかどうか、遺伝子検査で確認することができます。

こむぎ
こむぎ

飼っているコーギーがDMにかかりやすいかどうか、

事前に確認できるのね!

 

こむぎパパ
こむぎパパ

正直なところ、こむぎパパもどこに遺伝子検査を頼めばよいかわかっておらぬ。。

ただ、Pontely社はアニコム先進医療研究所に検査を委託しているぞ!


犬の遺伝子検査【Pontely】

DMに対してクリアなコーギーをお迎えすることもできます

犬舎によっては、DMに対してクリアなコーギー同士を交配させています。

例えば、ウェルシュ・コーギー専門犬舎のNAVY SAILORMANでは、DMを発症させないように交配を行っています。

引用元:NAVY SAILORMAN

 

こむぎもNAVY SAILORMANからお迎えしましたが、当時のブログを確認したら、DMクリアな両親でした。

こむぎ
こむぎ

昔のブログを検索してたら、

生後1か月のこむぎの写真も出てきたわ!

生後1か月のこむぎ
生後1か月のコーギー
引用元:https://blog.goo.ne.jp/doghill/m/202004

まとめ: DMは恐ろしい病気だが、遺伝子検査で事前に調査できる

いかがだったでしょうか?結論をまとめると、次のようになります。

DMは、だんだん歩けなくなり、3年ほど後に死に至るという、恐ろしい病気である。

DMは遺伝の影響が強いので、遺伝子検査で確認できる。

DMにかかりにくいコーギーを繁殖しているブリーダーもある。

 

コーギーを飼ってない人には、DMについてよく理解した上で、コーギーを飼い始めてほしいです。

また、コーギーを飼っている人も、遺伝子検査などで事前にDMへのかかやすさを確認するといいかもしれません。


犬の遺伝子検査【Pontely】

コーギーを飼うと、DM以外にも大変なことが!

DM以外にも、色々な病気にかかる可能性があります。

病気以外にも、コーギーを実際に飼ってみると大変なことも多いです。

もちろん、お金も少なからずかかります。

 

また、コロナ禍のペットの飼育放棄も社会問題になっています。

 

しかし、犬と正しく接すると、幸せホルモンが出ます!

 

犬ときちんと向き合って、幸せな生活を送りましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました