【愛犬とお出かけ】犬目線での武蔵国分寺公園の魅力を解説!

お出かけ

コーギー犬のこむぎを西東京で飼っていますが、武蔵国分寺公園によく行っています。

今日は、そんな武蔵国分寺公園の魅力を、こむぎの目線で解説していきます!

スポンサーリンク

武蔵国分寺公園とは

武蔵国分寺公園は、東京都国分寺市にある都立公園です。

公園は24時間空いているので、いつでも犬を公園に連れていけます。

円形広場とこもれび広場という2つの広場があり、円形広場では子供が元気よく遊んでます。

こむぎ
こむぎ

わんちゃんは、こもれび広場に多い印象ね!

こむぎパパ
こむぎパパ

泉・北西口の、東京都立多摩図書館の駐車場も利用できるぞ。

 

もし車で行かれる場合は、東京都立多摩図書館の駐車場がおすすめです。

武蔵国分寺公園の泉・北西口から100mくらい歩いたところにあります。

 

都立多摩図書館の駐車場を使用するメリットは、次の2点です。

● 朝に使用すると、武蔵国分寺公園の駐車場よりも値段が安い

● 駐車場が日陰にあるので、車の中が暑くなりにくい

都立雑誌図書館の駐車場
都立多摩図書館の駐車場

武蔵国分寺公園の魅力

広場で思いっきり走らせることができる

公園が広く、また、人口密度もあまり高くないので、伸縮リードで思いっきり犬と走ることができます。

こむぎ、こむぎパパと一緒に走る。(音は消してます。)
こむぎパパ
こむぎパパ

フレンドリーな犬が多いので、
犬同士で遊んでくれたりするぞ!

野鳥の森でまったり散歩できる

野鳥の森には散歩道がもうけられており、ウッドチップの道を散歩できます。

こむぎ、野鳥の森を歩く。
こむぎパパ
こむぎパパ

散歩道はそこまで長くないが、

こむぎはリラックスして歩いてくれるぞ!

武蔵国分寺公園に行く際の注意点

他の公園と比べると、広くない

昭和記念公園や小金井公園と比べると、武蔵国分寺公園は小さいです。

また、自然もあまり多くないので、普段から昭和記念公園や小金井公園などに行っている犬には、少し物足りないかもしれません。

ドッグランがない

武蔵国分寺公園には、ドッグランはありません。

「ドッグランで愛犬を思いっきり走らせたい」という希望があれば、昭和記念公園や小金井公園へ行ったほうがいいかもしれません。

おわりに

いかがだったでしょうか?

設備面では他の都立公園・国営公園に劣るかもしれませんが、駐車場から広場まで近く、手軽に犬と運動できます。

西東京に住んでいるなら、一度訪問してみてもいいかもしれませんね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました