【初めてでも安心】はじめてのわんダフルネイチャーヴィレッジのモデルプラン

わんダフルネイチャーヴィレッジの入り口 あきる野

わんダフルネイチャーヴィレッジは大きい施設なので、はじめて行く時は色々と考えると思います。

入園証を作成するためには、何が必要だろうか・・・

何時くらいに行くと、ドッグランは空いているだろうか・・・

昼食は、どこで食べればいいのだろうか・・・


こむぎパパは西東京に住んでいて、コーギーのこむぎを飼っています。

わんダフルネイチャーヴィレッジへこむぎと5回以上行っているので、行ったことのない人のために、

わんダフルネイチャーヴィレッジに初めて行くときのモデルプラン

わんダフルネイチャーヴィレッジに慣れたらチャレンジしたい施設

を紹介したいと思います!

スポンサーリンク

わんダフルネイチャービレッジとは

東京あきる野市にある『愛犬と一緒にアウトドアを満喫できる』というコンセプトに基づいたアウトドア複合施設です。

詳細は公式HPで確認してもらいたいのですが、基本的には10:00~17:00に開園しています。

わんダフルネイチャービレッジには、都内最大級のドッグランとカフェレストラン、ハイキングコース、 ドッグプールがあります。

事前予約

わんダフルネイチャービレッジへ行く際には、アソビューで事前予約しておくことをおすすめします。

大人一人の入場料は850円ですが、アソビューのサイトから事前予約することで750円で入場できます。

ビギナー向けタイムスケジュール

犬種・犬の性格によっておススメプランは異なります。

自身の愛犬に適しているどうか、飼い主さん自身で判断してもらえると幸いです。

10:00 到着・入園証の作成

初回受付時は、各種証明書の提示が必要になります。

車に愛犬を乗せるときにばたばたして忘れてしまうこともあるので、出発時にはよく確認しましょう。

(こむぎパパも一度忘れてしまってます。)

犬をお連れのお客様は『狂犬病予防接種注射済証』と3種以上の『混合ワクチン予防接種証明書』(いずれも接種日より1年以内)が必要になります。 両方ともにご提示いただけない場合は、犬はご入園することができません。

https://www.wnv.tokyo/lp2021spr/?gclid=Cj0KCQjwpdqDBhCSARIsAEUJ0hM9abdWVoGD6qbpQN9HnO48X2-7J4xpR2P8OEdOba412-jAbrhMG-oaAqnhEALw_wcB

10:10 広大なドッグランへ

わんダフルネイチャービレッジの最大の魅力は、アジリティ常設の全犬種ドッグランになります。

土日の12時にはドッグランが混んでしまうので、混雑前にアジリティで遊んでおくことをおすすめします。

アジリティに挑戦するこむぎ。(音は消しています)
こむぎパパ
こむぎパパ

こむぎ、よくドッグウォークを渡れた!

偉いぞ!

こむぎ
こむぎ

まっすぐ歩くだけじゃない!

これは簡単よ!

こむぎパパ
こむぎパパ

では、次はどうかな?

こむぎ
こむぎ

怖いに決まってるじゃない!

こんな急な坂道は無理よ!

11:00 ドッグランで疲れたらお散歩コースでのんびり歩きましょう

ドッグランで遊ぶと、愛犬もぐったりするとおもいます。愛犬の休憩もかねて散歩コースへのんびり行ってみましょう。

自然が豊かな散歩コースなので、愛犬もリラックスして歩いてくれるはず!

わんダフルネイチャーヴィレッジの散歩コースを歩くコーギー

※ 愛犬の特徴を把握して、無理のない範囲で歩かせましょう。

11:30 すいているドッグランへ

わんダフルネイチャービレッジには全部で6つのドッグランがあります。そのうち2つは貸し切り可能なドッグランですが、一般向けに開放されていることが多いです。

全犬種エリアのドッグランは混み始めていると思いますので、すいているドッグランでのんびり一緒に動きましょう。

わんダフルネイチャーヴィレッジの屋内ドッグラン

上の写真は、屋内ドッグランをほぼ貸し切り状態で使用しているこむぎとこむぎパパです。

12:00 園内で昼食

わんダフルネイチャービレッジは、飲食の持ち込みが可能です。

料理飲食(ビン・カン類以外)についてはご自由にお持込みいただけます。衛生面には十分ご注意のうえご持参ください。ただし、カフェレストランにはお持込みいただけませんのでご了承ください。※乳幼児用の離乳食とアレルギー対応食はカフェレストランにお持込みいただけます。

https://www.wnv.tokyo/guide#Notes_2

こむぎちゃんはドッグカフェでおとなしくできないので、パンとコーヒーを持ち込んで園内のテーブルで食べています。

こむぎ家は、立川市の若葉ケヤキモールでパンを買っていくことが多いです!

ストーカーをするコーギー

写真は、こむぎパパがドッグランの外でご飯を食べているのを、柵の隙間からストーキングするこむぎです。

13:00 帰宅

こむぎは疲れ切っているので、車でまったりと帰ります。

上級者になったら

プール

わんダフルネイチャーヴィレッジのプールは、プールデビューに最適です。

暑い日には、プールで愛犬と楽しんでもいいでしょう。

園内のドッグカフェ

園内のドッグカフェ・AZEKIRIのピザは絶品です。

愛犬が大人しくできるなら、AZEKIRIで昼ごはんもありですね!

帰りに丸洗い

わんダフルネイチャーヴィレッジに行くと、愛犬がドロドロになる可能性が高いです。

こむぎパパ
こむぎパパ

特に冬は、朝にドッグランの地面に霜がおりていて、

10時台には地面がぬかるんでいることもあるぞ!

こむぎ家は、帰り道のカインズ昭島店のセルフウォッシュで、こむぎを洗って帰ることもあります。

こむぎ
こむぎ

わんダフルネイチャーヴィレッジからカインズ昭島店まで、車で30分くらい。

帰り道が逆だと、洗って帰るのは厳しいかもしれないわ!

まとめ

今回は、我が家のコーギーこむぎに適した、わんダフルネイチャーヴィレッジでの過ごし方を紹介しました。

まとめると、

『狂犬病予防接種注射済証』と3種以上の『混合ワクチン予防接種証明書』(いずれも接種日より1年以内)は忘れずに

早めにドッグランへ行くと混んでいないので、まったりと過ごせる

愛犬がカフェで吠えてしまうなら、昼食を持参することも選択肢の一つ

「犬専用施設で入園者のほとんどが犬を連れている」という状況は、犬好きにとっては素晴らしい環境です。

機会があれば、ぜひみなさん足を運んでみてください!

コメント

タイトルとURLをコピーしました