ゆがふPOCCOLOに宿泊した理由3選

コーギー

2歳1か月のコーギー「こむぎ」との八ヶ岳旅行で、ゆがふPICCOLOに宿泊させてもらいました。

 

こむぎパパは西東京に住んでいて、コーギーのこむぎを飼っています。

この記事では、愛犬との八ヶ岳旅行に関して、以下の3つのポイントを解説しています。

ゆがふPICCOLOとは

ゆがふPICCOLOに宿泊を決めた理由

ゆがふPICCOLOで想定外だった出来事

我が家のコーギー「こむぎ」の目線でまとめています。
自身の愛犬に当てはまるかどうか、飼い主さん自身で判断ください。

スポンサーリンク

ゆがふPICCOLOとは

株式会社ゆがふがペットと泊まれる一棟貸し切りの貸別荘を運営しています。

ゆがふは八ヶ岳でPICCOLOTreeMOMOTEKACUCULOEVEKanoaの全6棟があり、PICCOLOはModetrate typeの貸別荘になります。

ゆがふPICCOLOは、公式ホームページで以下のように説明されています。

可愛らしい緑色の外装にウッドデッキ。目の前には広い空間も。自然に囲まれたプライベート空間を是非お愉しみください。

https://www.yugafu.co.jp/yatugatake/room.html

 

2022年4月に訪問しましたが、外装・内装ともに思った以上にきれいでびっくりしました。

ゆがふの外観
ゆがふの外観。

 

PICCOLOにはウッドデッキがあり、愛犬とデッキでまったりすることも可能です。

ウッドデッキの全景
ウッドデッキの柵。柵を閉めると、愛犬が外に出られません。

 

またドッグランも併設されており、ドッグランにハンモックを設置することも可能です。

ドッグランの外観
ドッグランの外観
ドッグランを走るコーギー
ドッグランを走るこむぎ
ドッグランのハンモックで幸せそうなコーギー
ドッグランのハンモックで幸せそうなこむぎ

 

PICCOLOは中央自動車道の長坂ICから15分くらいの場所にあり、避暑地の清里から車で10分くらいです。

ゆがふPICCOLOに宿泊を決めた理由3選

愛犬との連泊のために、貸別荘に宿泊したかった

将来的には愛犬とのワーケーションに挑戦したいので、今回の八ヶ岳旅行では2泊したいと考えていました。

「2泊するなら夕食は自炊し、夕方以降は愛犬とまったりする」という方針で宿泊先を検討した結果、貸別荘のゆがふにたどり着きました。

PICCOLOの薪ストーブの前でまったりするコーギー
PICCOLOの薪ストーブの前でまったりするこむぎ

 

ゆがふPICCOLOには調味料が豊富に用意されていますので、自炊に困ることはありません。

以下は、公式ホームページで案内のあるキッチン用具の一例です。

電子レンジ・トースター・コーヒーメーカー(ネスカフェドルチェグスト)・ホットプレート・土鍋・カセットコンロ&ボンベ・炊飯器・電気ポット・調味料(塩・砂糖・塩こしょう・ドレッシング・ソース・マヨネーズ・焼肉のたれ・一味唐辛子・醤油・白だし)・サラダ油・オリーブオイル

https://www.yugafu.co.jp/yatugatake/room_piccolo.html

これらの調味料やキッチン用具のおかげで、夕飯の自炊には困りませんでした。

近くのお店で購入したアイスプラントとそば
近くのお店で購入したアイスプラントとそば

わんこの規定がHPに詳細に書かれていた

ゆがふのHPを読むと、「ゆがふにて、愛犬がしていいこと、してはいけないこと」が理解できます。

たとえば、以下のような感じです。

5.1階でワンちゃんだけを寝かせられる場合も必要であればケージ・クレートをご持参下さいませ
6.トイレトレー・クレート・ケージ・サークルを置かれます場合 タオル・シート・新聞紙等をお敷き下さいませ

https://www.yugafu.co.jp/yatugatake/rule.html

 

airbnb経由でも宿泊先を探してみました。

もちろん「ペット可」の宿泊先はたくさんありますが、【ペット可】とだけ記載されており、詳しいことが何もわからないような宿泊先も多くありました。

愛犬とのはじめての連泊になり、宿泊先で想定外の制限があると困るので、今回はゆがふに宿泊することに決めました。

ドッグランと屋外ハンモックでまったりしたかった

ゆがふは6棟の貸別荘を管理されていますが、その中で屋外ハンモックがあるのはPICCOLOのみです。

アウトドアドッグフェスティバルにて愛犬がハンモックにゴキゲンだったため、屋外ハンモックのあるPICCOLOへの宿泊を決めました。

ハンモックでなでてもらうコーギー
ハンモックでなでてもらうこむぎ

 

なお、アウトドアドッグフェスに関してはこちらの記事にまとめています。興味があれば見てもらえると嬉しいです。

ゆがふPICCOLOで想定外だったこと

ここからは、こむぎ家としては想定外だった出来事についてです。

宿泊先が悪いわけではなく、飼い主の想像力が欠けていた部分の説明になります。
この記事を参考に、快適な旅行にしてもらえると幸いです。

屋外にハエが多かった

ハンモックで愛犬とのまったりタイムを期待していましたが、ハエが多くハンモックでゆっくりできませんでした。

屋外でハンモックを楽しみたいならば、虫がいない時期を見定めて検討することをおススメします。

こむぎパパ
こむぎパパ

自然豊かな立地が魅力なので、
虫は我慢するしかないのである。

ゆがふPICCOLOの窓からの景色
少し見にくいですが、ゆがふPICCOLOは木々に囲まれてます

侵入してくる虫が東京よりも大きかった

こむぎ家が慣れていないと言われればそれまでですが、虫がログハウス内を飛んでおり、東京の虫よりも大きくでびっくりしました。

こむぎパパが虫を屋外に誘導しましたが、宿泊者全員が虫を苦手な場合は宿泊するのが難しいかもしれません。

こむぎパパ
こむぎパパ

2泊3日で4匹くらいは屋外に誘導したぞ。

こむぎ
こむぎ

明かりに寄ってくる虫もいるから、
虫を0匹にするのは難しいかもね。

肌が乾燥した

空気清浄機は用意いただいており、空気清浄機で加湿したのですが、それでもログハウスの中が乾燥してしまいました。

こむぎ家の換気方法がよくなかっただけかもしれませんが、宿泊に際しては加湿対策を万全にしたほうがいいかもです。

まとめ: 虫は気になるが、自然豊かなログハウス

ゆがふPICCOLOでまったりするコーギー

いかがだったでしょうか?

乾燥や虫など気になる点もありますが、自然豊かなログハウスでリフレッシュできます。

 

この記事が誰かの役に立てば嬉しい限りです。

参考リンク

八ヶ岳わんわんパラダイスへの宿泊記事

今回の旅行のタイムスケジュール

前回の八ヶ岳旅行のタイムスケジュール

こむぎパパ
こむぎパパ

簡単な旅行から始めて、
愛犬に徐々に旅行慣れしてもらうことをおススメします。
(個人の感想です。)

コメント

タイトルとURLをコピーしました